FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子組み換え菜種の調査報告

やまびこ会が取り組んできた遺伝子組み換え反対運動

 安全な食べ物を食べて暮らしたい・・・。そんな当たり前の生活が、根底から崩れていきそうな恐怖感がありました。
最初遺伝子組み換えの記事を読んだとき、すごく化学技術の進歩を感じた時期もありました。しかし、その実態は企業の営利のみを追求したものの何物でもありませんでした。
我々「やまびこ会」は、2011年2月24日いち早く「GMO Free Zone」宣言をし、遺伝子組み換え作物反対を掲げました。
遺伝子組み換え食品反対看板

 国内に於いては、遺伝子組み換え種子の販売はなされていないと、若干の安心感はありましたが、輸入菜種が遺伝子組み換えのものであり、運送の際に種子が散らばり自生している実態を学習会等で聞いて熊本でも、発見されていることに驚きを感じました。

DSC_0099.jpg

その菜種が、ハチなどによりもともと自生しているものと交配を繰り返していく可能性を思うと、ほかの植物や昆虫に異変がおこるかもしれません。今回、GCくまもと組合員事務局からの簡易検体検査の依頼をうけ、3/11宇城市の近隣地域を含め、5か所の検体を採取し調査をしました。当初、5か所を簡単に採取できるものと考えていましたが、実際に回ってみると菜種の自生を見つけるのに苦労しました。からし菜がほとんどで約2時間程かけてサンプルを集めました。

DSC_0100.jpg

 簡易調査では、学習会で教えていただいていたので、要領よく結果をしることができました。1から4の場所については陰性の結果でしたが、5の場所についてのみラウンドアップ耐性のほうが陰性でも陽性でもなく、ピンクの線が何も現れないという不思議な結果になりました。早速、本部に送り再検査を行ってもらいました。

DSC_0106.jpg
DSC_0108.jpg

  今回の調査で感じたことは、地元付近にまだ遺伝子組み換え菜種が自生してないことに一応の安心感はありましたが、今後も定期的に調査をしていくことで自然をまもることが出来ることに繋がると信じています。

    やまびこ会 会長  中塘 万格人(なかども まこと)


 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ybkmakotosan

Author:ybkmakotosan
(有)やまびこ会
代表取締役 中塘 万格人
熊本県宇城市松橋町東松崎112-1
Tel,Fax 0964-32-2271

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。